ダナン

2019.10.03

ベトナムIT留学で実感したダナンの生活事情3選

ベトナムの朝

近年、リゾート地として注目を集めているベトナム中部の都市ダナン。
ですが訪れる際に確認しておきたいのが生活に関する情報です。
海外では慣れていないとストレスに感じることが多くあります。

今回はベトナムの生活に関する実際の情報を体験談も通して紹介していきます。

ダナンの治安は良い

海外に行く際に必ず確認するのが治安に関する情報ですが、外務省の海外安全情報によると2019年の時点ではベトナムに警戒レベルが設定されている地域はありません。

実際に留学中にダナンへ訪れた際にも危険を感じる場面はなく、夜一人で歩いていても特に何もありませんでした。
普段、海外へ訪れる時は常にスリに警戒していますがこんなにも危険を感じない生活は初めてです!
実は滞在先のホテルでは部屋に鍵をかけないままスーツケースを数日間、放置してしまいましたが中身が盗まれることはありませんでした。
スーツケースには貴重品を入れていたので、気づいたときは本当に冷や冷やしましたが・・・。

海外なのでもちろん、軽犯罪に対する警戒や危機管理は怠ってはいけません。
貴重品の管理を徹底することや不用意に路地裏や人通りの少ない場所に行かないなどの危機管理は生活していく上で常に意識しましょう。

トイレやスマホの使用にストレスなし!

ホテルのトイレ
ダナンではリゾート地化に伴い急速にインフラが整備されています。
生活の中で水道面は不自由なく使用でき、留学中の滞在先ホテルではシャワーの水圧は日本と変わりませんでした。
ベトナムでも他の国と同様に飲み水はミネラルウォーターを買ってくださいね。
また、トイレについてですが洋式が多く、トイレットペーパーはトイレ内に設置されているごみ箱に捨てます。
市内のレストランやホテルのトイレが比較的綺麗で使用しやすいのでおすすめです。

電気の面では、計画停電が実施される日もありますがその他の日には使用に不自由はありません。
エアコンも使用できるので快適に生活ができます。

通信の面では、市内にWi-Fiが通っておりその他にもレストランやカフェなどの施設には基本的に設置されています。
留学中には他の参加者がノマドワークを楽しんでいました!
Wi-Fi携帯を頻繁に使用したり、電話をする人はSIMの購入がおすすめです。

綺麗な飲食店が多い


東南アジアというと衛生面に対して良くないイメージを持つ方が多いと思います。
実は私自身、留学先がベトナムと聞いたときは食当たりしないかと少し心配でした。
ですが実際に訪れてみると、いい意味で予想を大きく裏切られました!

まずダナン市内中心部(川沿いやハン市場周辺)やビーチ沿いは綺麗なレストランやカフェがたくさんありました。
ベトナム留学中は屋台のご飯ばかりかと思っていたので、とても有難かったです!!
料理も最低限、生の食材を避けるように意識していれば問題ありませんでした。

ベトナムのローカル店

また、屋台やローカル食堂も他の東南アジア圏のものよりも綺麗だと思いました。
以前訪れた国の屋台では、どこもハエが何匹も飛んでおり生肉がむき出しな場所が当たり前でしたがそのような場所はとても少なかったです。
氷も水道水を凍らせたものが一般なので海外では避けていましたが、今回初めて食堂で氷の入っているビールを飲みました。
ですが体調を崩すことはありませんでした!

近年のリゾート地化の影響なのでしょうか、今回の留学でベトナムのイメージが変わりました。
もちろん、東南アジアや海外に慣れていない人は氷や生の食材は避けたほうが体調を崩さずに過ごせると思います。比較的綺麗な屋台を選んで美味しいベトナムの料理を食べてみてくださいね。

まとめ

ベトナムの生活はイメージできましたか?
私は2週間の滞在で、今回紹介したどの部分でも不便は感じずに生活できました。
危機管理を怠らないことも大事ですが街が整っていると良いと生活しやすいですよね。
これから、益々発展していくダナンに目が離せません!

関連記事

投稿者プロフィール

NAMESARA

WEB業界に就職を控える大学4年生。 ベトナムIT留学へ参加後、WEBデザインにはまりつつある日々を過ごす。